アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
はるかな旅
ブログ紹介
やっと授かった子供が少しずつ親の手を離れ始めた、と思ったら。
旦那を喪い、長い長い旅が始まりました。
子供は中学生、元気でやってます。


zoom RSS

ダス犬くらしキレイBOX

2019/01/15 16:32
先月はインフルエンザで年賀状も半分くらいしか書けず、大掃除は例年以上に手抜きでした・・・
けれどモラタメでダスキンさんのくらしキレイBOXをいただいていました。

ダスキンはモップや換気扇フィルターを使っているので、別の年にキレイBOXを買ったことがあって、内容は同じかなと思ってたんですが、デザインも内容も結構変わっていました。(前はキティちゃんのデザインでした)
今回はダス犬というキャラクターがついていて可愛いです♪
おそうじクロスミニもダス犬の顔がデザインされてるし、エコスポンジはそのままダス犬の顔だし・・・
もったいなくて使えない!

でも正月も明けたし、遅まきながら掃除を始めました。頑張りたいと思います。
前から残ってるセットもちゃんと使います・・・;
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


受験生

2019/01/04 20:50
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末年始は雪の福島で過ごしました。
寒かったけどのんびり美味しいものを食べられてチャンネル権もあって、帰ってきたくない気分でした。

娘より一つ上のお子さんがいる知人が、今年は受験生だから帰省しないと言っていて、そういうものなんだと驚きました今後の帰省先は静岡に戻るので、帰省しない言い訳にはいいかもしれません(^^;

今年はいよいよ受験生・・・いつから受験生なんでしょう? 受験の1年前?
受験生が2学年いてもおかしいから、3年生になってからですかね。
冬休みの宿題で手一杯らしく、未だに勉強の習慣がついてない娘ですが、悔いのないよう頑張ってほしいです。
暢気に前に録画した暗殺教室を見ていますが、勉強の参考にして欲しいものですね・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鼻炎

2018/12/27 20:17
今年は子供の鼻水についてガールスカウトのリーダーからも先生からも受験対策として注意されてしまいました。
そうでなくても義母から「鼻たけができてるんだから耳鼻科に連れて行ったら」と何回も何回も言われ続けておかしくなりそうなのに

朝起きられなくて薬が飲めないので、仕方なく耳鼻科で一日一回で効く薬に変えてもらえないか相談しました。
しかし、その薬は15歳以上対象だとのことで、お勧めはしないけど朝食なしで今の薬を飲んだほうがいいとのこと。
なので15歳まで今の薬でいくことにしました。
しばらく前は鼻の調子がよくて薬やめてた時期もあったし・・・
2月下旬に義母が帰れば、ストレスが軽減してよくなったりしないかなー、と期待してるんですが。

義母と子供の希望で、14年ぶりに炬燵を出しました。
最初は焦げ臭い匂いがしましたが、火花が出たりはしないようでなんとか使えそうです。
掃除や探し物的に炬燵はパスしたかったのですが、子供は炬燵はロマンだと言います。
ロマンは手間がかかるものなのです・・・
鼻炎に悪くないといいんですが。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


修行の1年

2018/12/21 18:52
振り返れば、今年は2回インフルエンザに倒れていました。
一回目は2月に子供からうつされ、二回目は最近の12月、ガールスカウトのクリスマス会でもらってきました。
子供と義母さえ予防接種しておけば大丈夫と思ったのは甘かったです。

子供は前半成績がまあまあだったため油断し、2学期の期末テストで大きく点を落としました。
結果・・・2学期の通知表も三教科ダウン、いいところなし

4月から義母が来て最低限毎日食事作りは頑張ったけれど、報われたのは飲み会に行けた事くらいで。
8月には帰る予定と聞いていたのに、帰宅は来年2月下旬まで延びて。
本当にイライラと戦う修行の日々でした。

自由と健康のありがたみを知ることができたので、もう寂しいことはないんじゃないかなと、今は思います。
考えてみれば冬は毎年忍耐の季節なので、あとひと踏ん張り。

私は子供の代わりに勉強してやることはできませんが、せめて刀剣乱舞でもコツコツやろうと思います。
運よく大典太さんが来たので、ドロップ運だけはいいことなしではなかったです。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


とろっとワンプレート ドリアミート

2018/12/19 20:43
カレーとかシチューとか、ルーを入れるだけで作れる料理が大好きです。
分量を測る手間もなく失敗がないですし。
とはいえカレーとビーフシチューとクリームシチューだけではさすがに飽きてしまう。

そこへ出た新製品、モラタメさんでいただいた「とろっとワンプレート ドリアミート」。
チーズ好きの私としては食べる前から楽しみにしていましたが。
これが予想以上の美味しさでした!
おかずなのにチーズスナックみたいな味です♪

一箱は久しぶりに来た子供の友達におすそ分けしました。
手軽に作れるので、おばあちゃんに作ってもらうのもいいし自分で料理することもできるでしょう。
確かチーズ好きだったと思うので、少しでも幸せな気分になってくれたらと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大腸内視鏡検査――帰還

2018/11/03 13:03
もう飲み物は見るのも嫌だと思って持ってこなかったのに、すでに喉が乾いていた。

内視鏡室の場所は前回来たときに知っていた。
義母に礼を言って、時間ぎりぎりだったので急いで向かった。
今までの診察室と違って廊下に受付がなかったのでやや躊躇したが、声をかけて室内へ。
受付に書類を出して看護士さんが来るのを待っていると、なんと義母が入ってきた!
帰っていいって言ったのに・・・よく私の後を追いかけてこれたなと感心した。
心配してくれてるのかもしれないが、大した好奇心だ。席は空いているのに座らず掲示物を眺めている。

看護士さんが来て名前を呼ばれた。
「問診表を出してください」
へっ?そんなのあったっけ?
まったく記憶になかったのだが、言われるままに探してみると、同意書の控えにまぎれて先日出した問診表が、下に2問ばかり当日の質問もあったのだった。
まあ、あの日はいろいろ動揺していたから;

ともあれ手続きも済み、付き添いの方はいらっしゃいますか?と言われたので一応義母のことを言ったが「でもこのまま帰りますから(付き添いじゃないです)」と言っておいた。
荷物を持って更衣室へ入るとき、義母もついてこようとして看護士さんに止められていた。

そこで金属性のものをはずして着替えるよう説明を受けた。
(うっかり指輪ははずし忘れたが、問題なかったらしい)
検査のために買った穴あきパンツを出してみて、大きくて丈夫そうなのにびっくり。
中学生の体操着くらいの大きさなので、使い捨てるのもったいないな、と思ってしまった。
穴あきパンツではさすがに普段履きできないか(^^;
着替え終わったと告げると、荷物を持って移動するよう言われ、手間取っていると「かごごと持ってきていいですよ」と先生自らかごを運んでくださった。

台に寝るよう言われ点滴用の注射。
注射は慣れてるはずだが久しぶりの気がした。
寝て受ける注射は座ってるより怖い気がする。
横向きに寝て、指に器具をつけられて。これも産後以来か。
「呼吸してください」の指示と共に緑色の光がモニター上部に。
しばらく見ていたらオレンジ色の点滅になり「息止めないでください」息を止めるとだめなのか、と深呼吸。
「ハアハアしなくてもいいです」普通に呼吸してればいいのね・・・
「眠くなる薬入れますよ」と言われ、これで意識が飛ぶのかな、睡眠不足だからゆっくり休もう、と思ったのだが・・・
意識は一向に飛ばず。眠気は最初に横になった時と大差ないのだった。
とはいえ別に痛くはなかった。
ただ肛門のあたりが器具の感覚が気持ち悪いだけで、奥には入っているのだろうが中に神経がないからか周辺の3cmくらい?の感覚しかわからないのだ。

ちょっと長いかな、と思った頃「終わりました」と言われた。
「ポリープ1つ取りました。気分悪くなければ帰れます」
いつ取ったのか全然わからなかった。少し器具が動いていた、長いと思ったときがそうだったのか。
指示に従って起き上がり、眠れなかったことを告げると「頭ボーッとする感じしたでしょう」と言われる。
元々ボーッとしてたのかな(^^;
体調を聞かれ「眠いです」と告げると様子を見るからと看護士さんが着替えを手伝ってくれた。
大丈夫そうです、と言ったら点滴をはずしてくれた。

お礼を言って処置室を出ると、義母はそのまま待っていた。
さっきと違って待合室は混雑していた。
しばらく待って呼ばれたので行こうとするが、看護士さんのほうが来て、座ったままでいいと言われ術後の説明をしてくれた。
そういえば腹部の張りはまったく気にならなかった。2日前くらいの便秘気味だったときのほうが苦しかった(^^;
食事や運動の注意は3日間のみ、アルコールだけは1週間制限があったが普段飲まないし。
祝杯なら後日検査結果が出てからのほうがいいだろう。

こうしてのんびり入院ライフは幻と消え、必要なかった入院準備品を持ち、義母と共に帰途についた。

 






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大腸内視鏡検査――病院へ

2018/11/02 15:01
前日、指示通り2種の下剤を飲む。
なんで夜と朝2回も飲むのかとネットで調べてみたら、一つのほうは10〜15時間かけて効くのだと書いてあり朝になって効くから大丈夫なのね、と思って寝る。
・・・甘かった。夜中の1時に効いて起きる。結局4時ごろもう一度我慢できずトイレに行った。

そして朝の下剤、飲み始めの指示は5時。この時間に起き出すと普段でも気分悪くなる、夜苦手なのに早起きも苦手な私。飲むだけならなんとかなるだろと、飲みやすくするため冷やしておいた1800ccの下剤を飲み始める。
2時間かけてゆっくり飲むので、20分で300ccずつ飲めれば大丈夫だろうと計画する。

最初は特にまずいとは思わなかったが、2杯目となるともう甘さが嫌になった。
ノルマのクリア目指して、少しずつ。合間にトイレをはさみながら、なんとか6時過ぎに半分飲み終え、そろそろ朝食の支度もしなくては、と布団を片付けたら吐き気がきた。
普段から吐きやすい体質だから懸念はしていたが。
吐かずに飲み込むか? と一瞬思ったがやっぱり無理だ。
結局胃の中身を吐いてしまい、残り半分どうしようと途方に暮れた。

下剤の説明には気分が悪くなったり吐いたりしたら無理に飲まずに連絡を、とある。
あわよくば飲まずに済むかと、病院に電話して相談した。
男性が愛想よく対応してくれて、担当の先生に聞いてくれた。
便の色を聞かれ、綺麗にならないと検査できないので飲めますか、という回答だった。
頑張れば飲めます、と結局答えた。
予定の7時までは無理そうだが・・・飲みさえすれば、もう吐いちゃってもいいよね?
「これを飲むなら、私80過ぎたら内視鏡の検査は受けません」
と朝食の席で義母にぼやきつつ、なんとか7時20分に飲み終えることができた。

後は出るほうの問題だ。
半分飲み終えた時点で、もう黄色い水になっていたから問題はないが、便意がないのに液体が出てくるから気をつけないと。
出産後残っていた悪露用ナプキンを装着。
病院までタクシーも考えたが妊婦でもないのにバスタオルを座席に敷くのも気まずいし、何より車酔いで吐く恐れがある。
ここで、義母がついていくと言ってくれた。
付き添いはいらないと言ったのだが、一緒に行く人がいれば道中気がまぎれて漏れないかもしれないと思い、早めの散歩ということでお願いすることにした。


もちろん入院の荷物は私が持つ。傍目にどっちが付き添いかわからない二人だが、まあ気はまぎれた。
無事到着し入り口で、ここでいいですよと言ったが、義母は結局中までついてきた。
さて機械で受付をしよう・・・と思ったら、バッグに診察券がない!
さっき電話したとき、机においてきてしまったのか?
今から取りに戻る時間はないし、義母に取りに行ってもらうわけにも・・・;
絶体絶命の事態に、義母は「なしで見てもらえないか受付に相談したら?」と言う。
それは無理があるのでは・・・と思いつつだめ元で受付に向かおうと、書類の入った袋を手にすると。
ん? 手触りが・・・
袋をさぐると、あった!
電話の後無意識に袋にしまっていたらしい。助かった!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

生活の助けになるアフィリエイト
はるかな旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる